ホームシアターについて


映画館の様な臨場感をお家で楽しめる、それがホームシアターです。さらなる臨場感を楽しむために、オーディオにも、力を入れている方が多いようですね。映画や音楽を楽しむために、専用の部屋を作る人もいますが、一般家庭では、なかなかそうもいきません。
しかし近年では、ホームシアターが実現できる間取りを取り入れた住宅の建設や、BDや5.1サラウンド対応オーディオの価格が下がっていることなどから、一昔前よりもずっと身近に、ホームシアターを体験することができます
身近なところでは、新聞の折り込みチラシを眺めてみると、新築物件やモデルルームの中には階段スペースや吹き抜けスペースを上手に利用して、お家の中で大画面のシアタースペースを確保しているところもよくありますよね。広いスペースでゆったりみんなと映画鑑賞をするのもいいですが、バスタイムの一時をよりリラックスタイムにするために、最初からオーディオシステムのついているバスルームが標準仕様になっていたり、バスTVがついているお家が多くなっているようです。
家族や友人と臨場感やダイナミックな音楽を楽しむのか、はたまた1人の時間を満喫するために、ホームシアターやオーディオを充実させるのか。楽しむ人数によっても、仕様は変わってきます。

既存のお家でも、今までの家具の配置を替える、プチリフォームで、吹き抜けの利用法を広げてみるなど、空間の使い方次第、機材の選び方次第で、ホームシアター気分を満喫することができます。

ホームシアター&オーディオWEBでは、そんな家族で楽しむための、ホームシアターやオーディオ情報について、掲載しています。
家族で気軽にお家で映画館体験、考えてみてはいかがですか。


映像から音までこだわってみる

ホームシアターやオーディオ機器を選ぶなら、とことんこだわってみてはどうでしょうか。
最近は比較的安価なホームシアターやオーディオ機器も性能面でも満足できる機器が多数販売されています。10万円ほどで自宅に本格的なホームシアターを作ることも夢ではありません。

ホームシアターで注目されるのは映像です。大画面で大迫力のアクション映画を自宅で見ることができる、4Kテレビを使えばこれも不可能ではありません。しかし、映像にこだわるのであれば、音にもこだわることをおすすめします。

ホームシアターで音の中心となるのがアンプです。このアンプは音楽を嗜む人ならだれでも知っているでしょうし、少しAV機器に通じている人でも知っていると思います。
アンプは映像出力機器などから音声を出力するための装置になります。

ホームシアターに使われるアンプは、映像再生機器のオーディオとして付属で購入することができるもの、自分でアンプを選ぶ方法があります。

価格も数万円のものから数十万円する高価なものまで幅広くあり、自分でアンプを選ぶときにはどれにしたらいいのか悩むと思います。

ここでは、ホームシアターに最適にアンプの選び方についても簡単にご紹介しています。


Matching Online NetTV
テレビに関するサイトを集めた情報サイトです。自分が求めていたサイトが見つかるかも